ジブリ映画

ジブリといえば日本のアニメ界、そして映画界の中でも飛び抜けた存在ですよね。
毎回安定した作品を供給し続けてきましたが、その代表的存在だった宮﨑駿監督が長編アニメ制作の一線から退きました。
そして期待されたのが思い出のマーニーでしたが思ったような反応が一般人からは受け入れられなかったようです。
鈴木プロデューサーも引退している中、次世代のジブリの形というものが問われるようになってきていると思いますが
果たして今後あの制作事務所はどうなってしまうのでしょうか。
個人的にはジブリが大好きなのであのタッチでまだまだ精力的に作品を生み出していってほしいですが、
やはり宮﨑駿監督が抜けたのが大きく、存続意義も見失ってきているような気がします。
早く新しい期待の人材が発掘されること、そしてこの業界の発展を願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>